自分軸

今日は朝一の用事を済ませ、久しぶりに近所のスタバからブログを書いています。

今年もあと5日となりました。

皆さんにとってどんな一年だったでしょうか…

昨年に引き続きコロナ禍が続き、海外はもちろん、国内の移動も自粛ムードがある時期が多かったですね。

ここ最近もオミクロンがじわじわ拡がりつつあって、休暇に入る時期なのに不安です。

私にとってこの一年。。。自分の仕事はそこそこで、家族や友人の新しい挑戦に携わり、それの応援にただただ多忙な日々でした。

そんな中でも、国内だけど、大好きな海に行く機会があって、癒やされたことが感謝です。

最近のニュースをみて感じたんですが、コロナ禍だからというのではなく、メンタル的に病んでいる人が浮き彫りにされているみたいです。

心の病というのは大小ありとも、誰にでも起こり得ることだと思います。

ここ数年はSNSの投稿に影響される人が多く、今までは想像でしかなかった著名人・友人・知人の私生活が垣間見れ、幸せそうだとか、友達とワイワイ楽しそうだとか、あたかもそれが全てのように錯覚すら起こして、比べて嫉妬したり、落ち込んだりする人が多いと思います。

スマホが普及し、接続スピードも早くなり、SNSはもちろん、様々コンテンツが利用でき便利になったこととは裏腹に、そういうマイナスの部分は避けられないも現実。

良い影響ならどんどん受けまくりたいけど、悪い連鎖ならできるだけ避けたい。。。

大切なことは何か…「自分というものを常に軸にすること。」と私は思います。

ついつい家族や恋人、友人に依存したり、期待したりあると思いますが、全ての一歩は自分の意思からなんです。

誰かが何かをしてくれる、誰かがこうだからじゃない、良いことも悪いことも自分から出す波動が左右すると思います。

誤解されてはこまりますが、悪い出来事とかも、自分が引き起こしていないにしても、突然起こる不運なことにも、心身に受け止め、自分で軸を修正できる心の訓練が必要だと思います。

そんな強くないですよね…別に強くなくてもいいんです。

ただただ自分は生きてきてずっと不幸ではなかったということ。幸せなこともあったはずです。

いま幸せと感じることがなかったとしても落ち込むことはありません。

またきっとハッピーなことが起こるからです。

一日一日大切に生きて、感謝して、今その時にできることをやればいいだけです。疲れたときは休憩していいんです。休憩が終わったらまた頑張ればいいんです。

夢を持って、希望を持って、少しずつ進めばいいんです。ご自身のペースで。

自分以外の人はたとえ家族であっても何も変えてくれません。

全て自分です。なんか寂しいことばですが、人は生まれてくるのも死ぬのも一人です。

「人は何の為に生きているのか」という問いかけや、「自分は生かされているんだよ。」とかよく耳にします。

私はクリスチャンなので、神様の存在とか、感謝とか意識して日々過ごしていますが、生かされているとか無宗教な人にはピンとこないと思います。

ただ、シンプルに幸せなことが起こった時には、それを支えてくれて人たちに「ありがとう」と感謝して、悲しいことが起こったときには、一人になって泣いてもいいけど、泣きつかれたら、ひとまずチョコレートを一口食べて、温かい飲み物を飲みながら深呼吸でもして、自分のことを思ってくれたり、支えてくれた人は少なくても一人以上はいるはずだから、その人の顔を浮かべながら「よし、がんばろう!」とまた進めばと思います。

自身で命を縮める必要はないです。命はあなただけのものではないということ。あなたのことを大切に思っている人はいます。

なんか少し宗教っぽい内容になってしまいましたが、自分も辛くて落ち込むことは多々あります。体中蕁麻疹になったり、ストレスマックスで叫びたくなったり、検査ばかりで最悪なことを想像したり、そんなに強くないですよ。でも家族や友人の顔を浮かべて、その人達の悲しい顔を想像したくないし、自分もまだまだ捨てきれない夢もあるし、そうやって日々過ごしているだけです。

幸せって小さな瞬間々の積み重ねのような気がするんです。だから気づかずにいるときもあるかもしれません。不幸ばかりと思っているのも錯覚ですよきっと。

皆さん、来年2022年も、小さな幸せを一つずつ噛み締めながら、楽しく過ごしましょうね!

よいお年を、そして来年もよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください