個性って何?

きょうもいい天気ですね~。
今もPCの前でいろいろと作業中ですが、私も後でビーさん歩に行ってみたいと思います。

もうそろそろ秋めいてくるので、Vint.Blueのアイテム用に、オリジナルテキスタイルのデザインをしなきゃといろいろイメージングしています。


そもそもブランドの立ち上げの時は海外から自分のブランドにフィットしたアイテムを取り寄せていたのですが、探していくうちにテイストがみんな一緒に見えてしまって迷子になってしまいました。

今でもインスタをみて感じるのが、海系の海外のブランドでこれ流行りって感じたら、もう数ヶ月後には同じような色彩やデザインで日本のブランドの高価なものから安価なものまで出回って、もう自分の中で刺激されることがなくなって飽和状態になります。まあ多くの人に賛同してもらうには流行りに乗っかっるのが手っ取り早いし、ここ最近は海外に自由にいけないですしね。売上のことを考えるとそれも致し方ないですが。。。

もちろん、時代とともに人々が利用するツールも生活様式も変化していき、興味を持つ視点や、時代を動かしていく群れもシフトしていきます。ただお洒落な人は増えましたが、スタイルが皆同じように感じて、個人的に少しお腹いっぱいになります。でもそれが今の時代ですよね。自分の気に入ったインフルエンサーが上げる投稿を見て、同じブランドの服を買ったり、同じようなコーデを真似てみる。という私も海外のストリートファッションを見て参考にしたりもします。本当にお洒落な人は、参考にしつつも、それを一旦自分の中でかき混ぜて、自分なりのアレンジでその人自身のファッションに変化させたりして…。

そんな飽和状態になった時にいつも立ち返るのが、4年前にインスタで知ったハワイのブランド”Jana Lam”。子持ちのママさんデザイナーで、自身のブランドの生地のデザインからシルクスクリーンまで手掛けて、いろんなアイテムや、他のブランドとコラボしたり、今年の阪急のハワイ展でも出店されていたようです。

私が3年前にカカアコのショップを尋ねた時、オーナーは不在だったのですが、スタッフの方が実際にシルクスクリーンの作業をしているのを見て、私も近い将来挑戦してみたいなぁと刺激をうけました。他にも可愛いデザインのアイテムがたくさん展示していて、どれも色使いや柄に個性があって、一目見て「このテイストはあのデザイナーのだよね?」ってわかることって大事だなと改めて思いました。デザイナーという言葉が流行りだした頃は本当に皆、頭の先から足の先まで個性に満ち溢れた本当の意味でのお洒落な人が多かったんです。


私が目指すブランド”Vint.Blue”のスタイルって、海が好きで、自由に気取らず自分らしく、毎日楽しく過ごしている人達が、可愛がってくれるアイテムたちでありたい。その人の個性をつぶさず、うまく順応してくれるように…

さあ、イメージの3つのテーマは決まったから、後はさらにイメージを具体化させて色やレイアウトを決めていかないと…冬くらいには発売できるようにたまには頑張らないと、皆さんお待ちくだされ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください