人生はワン・ツー・パンチ

復活!

今ハワイにいます!って言いたい気分~3年前の写真を眺めながら…

3回目のワクチンを受けて、2日間寒気と頭痛に襲われましたが、ようやく平常に戻りました。
腕の痛みは少し残りますが、踊れる範囲内です。

さてさて、世間はGWに入りましたねぇ〜
今日は天気が良いので、気分転換に近所のスタバでスイーツタイムにブログを綴っています。

国内では沖縄より離島に行く人が多いとか…
またハワイへの渡航も初日でJALだけでも600人を超えているとか
少しずつ平常に戻りつつある感じでホッとしています。

だけどこの2年間という月日は大きくて、ハワイでもいろんな店が閉店したり、入れ替わったり、
次行った時にいろいろ変わってしまっているのかなぁと想像してしまいます。
日本の中でも一人一人の生活スタイルが変わって、コロナ前に戻ることはないでしょう。
いい意味でもそうでなくても、見えてきたものがあるのではないでしょうか?

またここ数ヶ月から最近は、ウクライナとロシアの紛争、観光船の事故など、悪いニュースを見ると胸を締め付けられますが、それでも明るく過ごさないとと思います。

数日前にTVで取り上げられていた歌の歌詞を改めて読んで、感じたことを書こうと。

水前寺清子さんの「365歩のマーチ」です。

幸せは歩いてこない
だから歩いてゆくんだね

あなたのつけた足あとにゃ
きれいな花が咲くでしょう

ままになる日もならぬ日も
あしたのあしたはまたあした
あなたはいつも新しい
希望の虹をだいている
腕を振って足をあげて
ワン・ツー ワン・ツー
休まないであるけ

しあわせの隣にいても
わからない日もあるんだね
一歩違いでにがしても
人生はワン・ツー・パンチ
歩みを止めずに夢みよう
千里の道も一歩から
はじまることを信じよう

気になるフレーズを抜粋してみました。
もう数十年前に書かれた歌詞なのに
すごく基本的なとこをついていますね。

あるボクサーが語っていたことも思い出しました。
ボクサーは打たれても打たれても
倒されても起き上がることが大事。

生きていると幸せと感じるとき、
うまくいったと思えるときって
そんなに頻繁にあることじゃないのかなと思います。
それ以外は全て過程の連続だと。

明日何が起こるか誰にもわからないけれど、
数年先を見越して、これをやろうとプランニングして、
それに向かって頑張る、そう思って私は過ごしています。

悔いのない人生を歩めるかどうかはわかりませんが、
やりたいことをやれる範囲で。

もっと早く始めておけば、知っていればと思うことは多々ありますが、
過ぎてしまったことを悔やんでも仕方ないです。

限界は世の中が決めた固定概念ではなく、
自分の体との対話です。

10代の頃からずっと無茶ばかりして酷使してきた自分の体を
最近愛おしくてたまりません。
よく一緒にがんばってきてくれたなぁと感謝ばかりしています。
お風呂に入る前に全身をさすってお疲れさまと言っています←変態や~

だから、これからもこの体と共に喜び合える日々を送っていけたらと思います。

人生はワン・ツー・パンチ

ちょっと休んでもいいから、歩くことをあきらめずに進みましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください